基本方針

企業は、将来にわたって永遠に事業を続けることを前提としており、それを「継続企業の前提(GOING CONCERN:ゴーイングコンサーン)」と言います。
そもそも企業が継続する、生存するのは何のためでしょうか。
まず当然に企業した人、経営者の生活のためというのが第一の理由として挙げられます。これは本音でしょう。しかし、それだけのために商売を行うのでは、企業の存在意義が問われます。やはり、そこには、「顧客のため」に商売を行うのが前提で、顧客に役立つからこそ企業の存在価値が生まれる。つまりは、ニーズがあるから存在意義が認められるわけで、その結果、企業が存続するといえるでしょう。
顧客への貢献度や顧客からの支持の度合いが売上高であり利益であって、その数字を伸ばすためには、経営者一人だけでは足りないので従業員を雇うことになります。数多くの顧客からの支持に応えるためには、会社の規模を拡大せざるを得なくなり、その結果、企業は成長し存続することになります。
会社が成長し継続することは、経営者自身の収入はもちろん従業員の生活の安定にも役立つことは間違いないし、得意先だけでなく、仕入れ先や外注先に対する注文を増やすこともできます。まさに、近江商人の「三方よし」(売り手よし、買い手よし、世間よし)を体現するためには、企業は成長し続けなければならない。言い換えれば、規模拡大を目指さない企業は、存在意義がないといっても過言ではないかもしれません。
企業の存続・拡大が顧客のためになるのであれば、その戦略を考えることが経営者の役目です。その戦略の方針・考え方を従業員とともに共有し、その目標を達成するための有効な手段として、「理念(ビジョン)」による経営を行っていくことが大切であるという結論に達しました。
そのため、2017年1月に「経営計画員会」を発足させ、まず、社員からのアンケート調査も参考にしながら、同年6月に「企業理念」と「行動指針」を策定しました。続いて、同年10月に「中期経営計画2017」を策定した次第です。以下にそれらの概要について発表いたします。

企業理念行動方針(PDF)

中期経営計画(PDF)